スポーツブックメーカー 投資と出金の方法

スポーツブックメーカーは、スポーツの結果予想をすることで当たれば配当が貰えるギャンブルです。事前に賭けが用意されていて、オッズも設定されています。投票者はそれらを見て投票先を決めて、当たった場合にはそのオッズに従った配当を得ることができます。配当率は90パーセントを超えていて、96パーセント以上といわれています。ギャンブルとしてみても割は良いので、投資の一つとして活用している人もいます。

ブックメーカーは今ではオンラインで参加するのが一般的です。アカウントを作ってそこにお金を入金して投票を行う仕組みです。事前に淹れた以上のお金は使うことができませんので安全です。入金には銀行送金やクレジットカード決済のほか、電子決済システムを活用するのも一般的です。これは、銀行からこちらに振り込んで、そこを通してアカウントに入金することとなります。出金をする時は逆のルートをたどるだけです。ワンクッション入りますが、スピーディーに反映されるところも多いので、使い勝手は思いのほか悪くはありません。

また、最近は仮想通貨による入出金にも対応しているところが増えています。こちらは手数料が安いですし、決済がすぐに終わるというメリットがあります。